加圧トレーニングのメリットを4つご紹介します

加圧トレーニングの4つの効果を詳しく取り上げます

加圧トレーニングとは、手足の付け根に専用の加圧器具を付けて行うトレーニング方法です。今回は、加圧トレーニングを行うことによるメリットをご紹介します。

 

 

加圧トレーニングの科学的メカニズム

加圧トレーニングとは、その名の通り、身体に圧力をかけながら筋力トレーニングを行うものです。

 

二の腕または足の付け根等の、太い動脈と静脈が両方通る箇所に、加圧専用のベルトやチューブを巻き付けます。この状態でトレーニングを行うと、筋血流が適度に滞り、血中の酸素が減少します。すると、筋肉で疲労物質の乳酸が生成され始めます。

 

こうして生成された乳酸と血中酸素の減少が、脳に「過酷な運動をしている」「筋肉を形成する必要がある」と誤認させ、筋肉の合成に欠かせない成長ホルモンやアドボリックホルモン等を大量に分泌させるのです。

 

さらに脳は「過酷な運動」に身体が耐えられるよう、普段の生活ではさほど使われない筋肉群を総動員します。これが、通常のトレーニングよりも加圧トレーニングが短時間で効果を発揮できるという、科学的な理由なのです。

 

 

加圧トレーニングの4つのメリット

加圧トレーニングを行うことで、以下のようなメリットがあります。

 

1.軽い負担で筋力をアップできます

加圧トレーニングでは激しい運動を必要としません。体力的な負担が少なく、誰でも続けやすい上に短時間で筋力をアップすることができるため、リハビリの現場等で多く利用されています。

 

また、乳酸を生成するためのエネルギーとして糖質を分解する上に、筋力がアップすることで、脂肪が燃えやすい体質になります。

 

 

2.血行促進の効果が見込めます

加圧によって一時的に血流が減少することで、危機感を持った脳が心臓に血流を増やすように指示します。これにより血管が拡張し、身体の隅々まで血が行き渡るようになります。

 

加圧と減圧を繰り返すことで毛細血管が徐々に増えてゆき、全身の血行が促進されることで、肩こりや冷え性等の改善に繋がります。

 

 

3.血管にからむ病気を予防します

筋肉を動かして血流を増やすことで、血管内皮細胞は一酸化窒素(NO)を生成します。

 

加圧トレーニングを行うことで筋肉に多くの負荷がかかる結果、普通に運動するよりも効果的にNOの生成を促すことができるのです。

 

NOには、血管内皮細胞を若返らせることで血管を広く柔らかくしたり、コレステロールの蓄積防止や血栓の発生等を抑えてくれます。動脈硬化の予防にも効果的です。

 

 

4.新陳代謝が活発になります

筋肉収縮のエネルギーとなる糖質が分解され、乳酸が作られます。この乳酸が成長ホルモンの分泌を促し、身体組成に大きな影響を与えます。

 

具体的には怪我の回復力アップや老化防止、育毛、美肌、肥満改善等の効果が見込めるという研究結果が出ています。

 

 

加圧トレーニングは、こんな方にオススメです

ここまでの内容から、加圧トレーニングはこんな方にオススメです。

 

・毎日忙しくて、長いトレーニング時間がとれない方

 

・体力がなく、持久力・回復力をアップしたい方

 

・アンチエイジング効果を期待している方

 

・病気や怪我などのリハビリを効果的に行いたい方

 

まとめ

いかがでしたか?
加圧トレーニングのメリットについて、ご理解いただけましたでしょうか。

 

なお、適切でない加圧を行うと、皮下出血や血栓ができる等の危険が伴います。加圧トレーニングを始める前に、必ず加圧インストラクター資格者の指示を仰ぎましょう。

関連ページ

加圧トレーニングに潜むデメリットと危険性を知ろう
加圧トレーニングに潜むデメリットと危険性を詳しく取り上げようと思います。
姿勢改善の方法と、必要とする時間とは?
姿勢改善の方法と、必要とする時間について取り上げようと思います。
脂肪を燃やすために効果的な筋トレ方法とは何か?
脂肪を燃やすために効果的な筋トレ方法について取り上げようと思います。
トレーニング後に最適な食事メニューとは
トレーニング後に最適な食事メニューをご紹介したいと思います。