加圧トレーニングに潜むデメリットと危険性を知ろう

加圧トレーニングに潜むデメリットと危険性とは?

加圧トレーニングは、短期間で効率的に筋力をアップできると評判のトレーニング法です。実際に病後のリハビリに用いられていたり、プロスポーツ選手が採用していることから、一定の効果が見込めるのは間違いありません。

 

しかし、加圧トレーニングを行うことで生じるデメリットについては、さほどご存じない方も多いのではないでしょうか。今回は、加圧トレーニングに潜む危険性やデメリットについて紹介したいと思います。

 

加圧トレーニングには専門知識が必要です

加圧トレーニングとは、ベルトやゴムチューブ等で、動脈と静脈の両方が通る手足の付け根を縛ることにより、血の流れを滞らせた状態で行う筋力トレーニングを指します。

 

意図的に血管に圧を加えて血の巡りを悪くさせる訳ですから、身体に負担がかかるのは当然です。もちろん何も知らない素人が行ってよいはずがなく、適切な負荷やトレーニングメニューの選択を行えるだけの専門知識が必須です。

 

また、加圧トレーニングを指導する場合「加圧トレーニングインストラクター」という資格も必要となります。

 

知識がなければ害しかありません

加圧トレーニングを行う上で重要なのは、適切な圧をかけることです。

 

加圧トレーニングは、血流に負担をかけることで血管の拡張と成長ホルモンの分泌を促し、筋力アップの他、新陳代謝の活性化を狙うものです。

 

加圧が足りない場合は成長ホルモンが分泌されず、多過ぎると身体に大きな負担がかかり、健康を損なう可能性があります。つまり、正しい知識を持たずに加圧トレーニングを行うことは、害にしかならないのです。さらに、以下のような危険を伴います。

 

専門知識無しでのトレーニングは生命の危機です

正しい知識無しで加圧トレーニングを行うと、最悪の場合、命の危険があります。

 

血流を制限して運動をするわけですから、当然循環器系に大きな負担がかかります。正しいやり方でトレーニングをすれば問題ありませんが、いい加減な方法で取り組むと、手足の痺れやめまい、貧血、吐き気等の症状が現れます。

 

上記症状で済めばまだ良い方で、皮下出血を起こす、視力が落ちる、細胞が壊死する、血栓ができて脳梗塞や心筋梗塞の原因となる等、生命活動において致命的な副作用が生じる可能性があります。

 

このように、知識無しでの加圧トレーニングは大変危険です。決して素人判断をせず、必ず資格を所持するインストラクターの指示に従いましょう。

 

やり過ぎると逆効果です

加圧トレーニングに限らず、トレーニングのやり過ぎは疲労を蓄積させるだけでなく、体内に大量の活性酸素が発生してしまいます。

 

活性酸素は適量であれば問題ありませんが、必要以上に増えすぎると肌のシミやしわが増える・白髪が目立って来る等、老化の原因となります。

 

せっかくのトレーニングが無駄になってしまいますので、適切な回数を見極める必要があります。決して素人判断をせず、必ず専門の加圧トレーナーの指示に従いましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

加圧トレーニングに潜む危険やデメリットについて、ご理解いただけましたでしょうか。

関連ページ

加圧トレーニングのメリットを4つご紹介します
加圧トレーニングのメリットを4つ取り上げますのでぜひ参考にしてください。
姿勢改善の方法と、必要とする時間とは?
姿勢改善の方法と、必要とする時間について取り上げようと思います。
脂肪を燃やすために効果的な筋トレ方法とは何か?
脂肪を燃やすために効果的な筋トレ方法について取り上げようと思います。
トレーニング後に最適な食事メニューとは
トレーニング後に最適な食事メニューをご紹介したいと思います。